警備会社向け

buddycom(バディーコム)とは スマホにアプリをインストールするだけで トランシーバー以上の機能*が使える最先端アプリです

 

 

*buddycomが誇るトランシーバー以上の機能とは?

トランシーバーと違い →グループ(チャネル)が無限に作成可能

トランシーバーを一人で2、3台使っていた現場 →1台のスマホで切り替えて異企業間通話可能

良く聞こえなかった →チャット画面でテキスト(文字)で確認

通話をそのまま翻訳可能 →1台で翻訳(ポケトーク相当)機能を用意(近日予定)

現場の生中継が可能 →現場を見せながら通話・確認・指示

移動中の車で通話可能 (ハンズフリー機器利用で道交法違反ではない)

  • 高額なIP/MCA無線機から乗り換えで 低価格・軽い 専用充電器がいらない
  •  2020年東京オリンピックに向けて 外国人対応 翻訳機能
  • 警備現場を撮影 ライブ中継 遠隔で現場指示
  • 警備現場で一人で2台の無線機 1台のスマホで対応
  • スマートフォン未導入 buddycomセットご提案

 

警備現場でbuddycomを導入したい

サイバー警備オリジナル buddycomセット

月額データSIM: ① ¥990(例:楽天3GB/月)  ② ¥500(例:Jetfon 2GB/月)
※2020年1月現在取扱い商品

価格

初期費用:なし

1:基本料金:¥ 1,000 / 月 (ID数、年契約での値引きあり) ※ 年間契約の場合 ¥ 7,200/ 年・ユーザー(月額換算で:¥600)

2:オプション(通話のみの場合以下必要ございません)

  1. 音声・テキスト保存 通常1日 ⇒ 1カ月へ延長:¥400/月・ユーザー
  2. アプリ一括管理:¥ 100 / 月・ユーザー
  3. 音声テキスト化:¥ 200 / 月・ユーザー + ¥ 300 / 30 分(テナント総量)
  4. パラレル翻訳 :¥ 200 / 月・ユーザー + ¥ 300 / 9,000文字(テナント総量) ※ 詳細お見積りはお問い合わせください。

無線機との比較表

製品
 buddycom 特定小電力
トランシーバー
簡易無線機 IP無線機 MCA無線機 業務用無線機 
導入コスト
初期費用
0円 数千円~1万円 1万円~10万円 5万~15万円 15万~25万円   高価
(設備による)
ランニングコスト 1,000円/月 (年契約で600円) 0円
(耐用年数1~2年)
0円
(耐用年数2~3年)
1,800~4,000円/月
2年以上の契約必須 
2,000円~3,000円 /月   高価
(設備による)
利用可能範囲 日本全国+海外 (インターネットで 海外通話も可能)   ~1㎞
視界が届く範囲 (遮蔽物に弱い) 
~5㎞
視界が届く範囲 (遮蔽物に弱い) 
日本全国
(携帯回線)
日本全国
(契約範囲次第) 
10数㎞~ 
免許・認可  不要 不要 必要    不要   必要  必要 
グループ数
(チャンネル数) 
無制限  9-47  30、35、65  制限あり 制限あり 制限あり 
セキュリティ(混信、盗聴) 
暗号化
×

製品による

製品による 

製品による 

製品による 
強み スマホがあれば利用可能 安価
シンプルな操作性 
シンプルな操作性 シンプルな操作性 シンプルな操作性  業種ごとに 専用の周波数
弱み スマホの用意必要 壊れやすい
利用範囲に制限あり 混信、傍受される 恐れあり  
利用範囲に制限あり  高価
専用機が必要 
高価
専用機が必要
設備投資が必要
非常に高価
その他  翻訳機能
ライブ中継機能
位置確認機能
(順次追加)
耐久性に難あり
混雑場所に弱い
   長期利用が必要
レンタルもあるが高い    
人口集中エリアしか カバーしていないので 利用できない 場所がある  専用周波数は 公共機関のみ 利用可   

 

これでもまだ無線機を使いますか?

まずは実機デモをお持ちします。ご連絡ください。
ご連絡先: 050-3336-0888  メール: sales@cyberkeibi.com

Copyright© サイバー警備 , 2020 All Rights Reserved.